振袖を美しく着こなす重要ポイント

振袖で車の運転は出来るか

成人式などで振袖を着た女性が、車の運転をすることは可能かどうかといえば、それは意外にも可能なのです。
もちろん、マニュアル車の運転は、クラッチがあるので両足での運転となりますから難しく、振袖を着ていたらオートマチック車限定にはなってしまいます。
それよりも、問題は振袖を着ていることではなくて、足に草履を履いていることなのではないでしょうか。
草履を履いていても、マニュアル車ではなくて、オートマチック車であればどうにか動かすことは可能でしょう。
しかし、草履の底は厚みがありますから、丁度ハイヒールを履いて車を動かしているような感じになって、運転がしづらいに違いありません。
また、草履のかかと側や、振袖の裾なども汚してしまうことに、注意を払わなければならないでしょう。
ですから、せっかくの高価な着物と草履をペダル操作で汚してしまってはもったいないので、できれば自分で車を動かすことは避けたほうが良いといえるでしょう。

振袖を着ている時の座り方

振袖を着ている時の座り方 普段洋服を着ている人が突然振袖を着た場合、慣れない袖や帯で締められるウエスト部分が苦しく感じると思います。
手を振ったり物をとる時にも振袖を着ている時の所作は決まっているのですが、特に大切なのが歩き方と座り方です。
まず歩き方が悪いとせっかくの振袖姿が美しく見えません、 歩くときは背筋を伸ばして顎を引いて、腰はやや引きぎみで小股で歩くのが美しいとされています。
そして椅子に座る時などは深く腰掛けず浅く腰掛けるようにします。
深く腰掛けてしまうと背もたれで帯がつぶれてしまうので、帯が背もたれに触れない位置で座りましょう。
座ってしまうと袖が床についてしまうため、そうならないように左手で袂を持ち上げ、右手で抑えながら座ります。
そして二枚の袖を折りたたんで膝の上にのせておくのが美しい座り方です。
正座の場合は帯を踏まないよう左右に広げて、両足は揃えて座ります。
振袖姿は所作一つで台無しにも美しくも見えるので姿勢などは普段から気を付けていると良いでしょう。