振袖を美しく着こなす重要ポイント

振袖に伊達襟を足せばより華やかに!

成人式や卒業式、ご友人の結婚式などに振袖を用意する人は多いでしょうが、和装はそのときだけのお付き合いとなれば、なかなか小物のことまでは気にしませんよね。
ついついお店の人にすすめられるまま選んでしまいそうですが、少しでも知識を持ったうえで選ぶと、見方も変わってくるかもしれません。
さて、振袖を身に着ける際には、着物そのもの以外にも首元を華やかにする小物使いができるのをご存じですか? それが「半襟」「伊達襟(重ね襟)」というものです。
前者は長襦袢(着物用の肌着)に縫い付けて使うもので、本来は首まわりの汚れ除けが目的なので白が基本ですが、振袖の場合は色も素材も華やかなものが用いられる傾向にあります。
そして後者のほうは、襟の形に仕立てた布を、着物の下に重ねて身に着けるものです。かつて着物の重ね着で豪華さを出していた頃の名残とも言われており、基本的には礼装格の和服にだけ用いられます。
最近ではレースやフリルがついたものなど、現代的かつ個性的なものもたくさん見られますので、他の人と一味違う振袖スタイルを楽しむためにぜひ活用したいですね。

うなじは振袖を美しく着こなす重要ポイント

美しく着こなす重要ポイント 成人式や卒業式など、晴れの舞台で着る機会が多いのが振袖です。着付けは時間がかかりますし練習も必要になりますが、やはり憧れるものですよね。
そんな振袖ですが、美しく着こなすためには欠かせない部分があります。それが首筋、つまりはうなじです。振袖を着る際、髪型を整えることもしなければなりません。
基本的には髪の毛を上げてセットするのが定番で、特にうなじの部分は露出することで可愛さや色気が引き立ちます。ですからうなじをケアすることは絶対忘れないようにしましょう。
一番は産毛の処理です。襟足の生え際は、日頃自分では確認しづらく処理も楽ではありません。そこで、理容室やシェービングサロンの利用をおすすめします。箇所も狭く何度も行く必要がないため、あまりお金もかけずに処理をお願いできます。産毛が無くなれば肌も白く透明感があるように見えます。
場合によっては生え際の形をアレンジして個性を持たせることもできますから、より一層魅力が大きくなるでしょう。