振袖を美しく着こなす重要ポイント

振袖にピッタリの髪型、モダンな編み込みスタイル

振袖に合わせる髪型はどうすれば良いか、あれこれ考えるのも楽しい時間です。
ヘアカタログやモデルさんの写真を見ては、髪型や髪飾りをイメージしている方も多いと思います。
流行のふわふわの巻き髪やたっぷり盛り盛りのヘアスタイルも良いですが、他の人とはちょっと違った髪形をと思われるなら、しっとりとした編み込みスタイルもおすすめです。
華やかな振袖に編み込みスタイルを合わせれば、ぐっとシックでレトロモダンなイメージに。
例えば成人式の集合写真などでも、お友だちに差をつけられること間違いなしです。
しかも編み込みスタイルは比較的崩れにくいので、時間がたってもきれいな髪形をキープできるのもうれしいところ。
髪の毛をまとめるのに強く引っ張る必要もないので、長時間のヘアセットでも頭が痛くなることも少ないでしょう。
なんだか地味になりそうで心配という方もいるかもしれませんが、いろいろなバリエーションがありますし、髪飾りを合わせれば和服に合う個性的で素敵な髪形になりますので、美容師さんなどにぜひご相談を。

振袖の髪型はレトロにしよう

振袖の髪型はレトロにしよう 成人式は日本では二十歳の男女をお祝いする日です。
その日は祝日になっており、街には振袖を着た華やかな女性が沢山闊歩しています。
振袖を着る機会は成人式を逃すとあまりありません。
また二十歳に身につけることで美しさが増幅し、価値があると言えます。
振り袖を購入すると100万円前後の費用が掛かります。
親が購入し娘に身につけさせることが多く、親の愛情を感じる式典でもあります。
振り袖選びのポイントとして、出来るだけ古典的なものを身につけた方が良いでしょう。
モダン柄や現代的な柄、デザイナーズブランド物であると、留袖や浴衣で充分着ることができます。
こういう改まった咳であるからこそ、古典的な振り袖を身につけるべきだと言えます。
花鳥風月、屏風、御所車などおめでたい文様がいいでしょう。
また古典的な文様にはレトロな髪型にしなければいけません。
出来るだけ襟足が綺麗に見える伝統的なアップヘアが良いと言えます。
ルーズな浴衣の様な髪型は控えた方が良いでしょう。